語学学校エル・エー・エス・シー

■ロサンゼルス校 ■ローランドハイツ校 ■アーバイン校

www.mylanguageschool.com

さらに詳しい情報または他言語をご希望の方はこちらをクリック

日本語ライン
visa Banner
コース紹介学生ビザ(F-1ビザ)発行までの準備と手順

 

アメリカでは、2週間の短期留学でも週18時間以上のコースに参加される場合、入国目的は「勉学」とみなされ、学生ビザ(F1ビザ)が必要となります。学生ビザ申請には、アメリカ大使館(東京、大阪、那覇、札幌のいずれか)での面接が義務付けられています。まずは、学校の入学申込み手続きを行って、面接の際に必要な入学許可書(I-20フォーム)を入手していただき、その他の必要書類の準備が整ったら、下記のアメリカ大使館ホームページで面接予約を行ってください。必要書類、ビザ申請料などは予告なく変更されることがありますので、申請の際には、必ず、アメリカ大使館ホームページで最新情報をご確認ください。
2010年4月現在のVISA情報になります。申請前にご自身で必ずアメリカ大使館のWEBサイトをご確認ください。
パスポート(現在有効なパスポートおよび過去10年間に発行された古いパスポート。渡米の際は、通常米国での滞在期間中有効なパスポートを所持していなければなりません。)
I-20(LASC発行の入学許可書)
ビザ申請料 $160
Pay-easy対応のATMから日本円でお支払いください。
http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-paymentinfo.asp
DS-160入力
DS-160 入力フォーム http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-ds160complete.asp
DS-160確認ページの印刷
確認ページのサンプル http://japan2.usembassy.gov/pdfs/wwwf-visa-ds160-confirm-j.pdf
カラー写真 (5cm X 5cm、背景白、最近6ヶ月以内に撮影されたカラー写真)
英文の預金残高証明書
I-901 SEVIS費の払込済みレシート
SEVIS費$200は、ビザ申請前にお支払いください。支払方法は以下の2通りになります。
(A)インターネット上からクレジットカードでのお支払い(VISA、マスター、AMEX)
http://www.fmjfee.com にて、Form I-901に必要事項を入力、送信。
お支払いが確認されるとレシートを印刷できます。
※申請者本人に代わり、家族など第三者のクレジットカードで支払うことも可能です。
(B)US$200の小切手を作成して郵送
http://www.fmjfee.com にて、Form I-901に必要事項を入力して印刷したものと、US$200の小切手またはマネーオーダー (米国内の銀行で引出し可能なもの)をDHSの私書箱に郵送してください。
*クレジットカード払いよりもかなり時間がかかり、面接日までにレシートが届かない危険性もあり、あまりお勧めでません。
返信用封筒として宛先を記入したレターパック500(プリペイド封筒)
※ビザは面接当日には発給されません。パスポートやその他の書類と一緒に後日郵送されますので、その為に、住所を明記したレターパック500をその他申請書類と共に提出してください。レターパック500は郵便局でお買い求めいただけます。
面接予約確認書
アメリカ大使館ホームページでの面接予約時に印刷してください。
クリアファイル*申請書類をクリアファイルに挟んで順番通り(下記リンク参照)に提出してください。
http://japan2.usembassy.gov/pdfs/wwwf-visa-j-docs-arrangement.pdf
その他、大使館や総領事館が提出を求めた書類
※日本国籍以外の方はその他追加書類が必要です。


自己手配される方の入学手続きも日本人スタッフがサポート致します。
申請の際、アメリカでの滞在予定先を記入する必要があります。当校では、ホームステイ、寮のご案内もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。 ホームステイ・寮の詳細はこちら
留学目的の記入欄には、できるだけ具体的な目的をご記入ください。今回の留学経験を日本帰国後にどのように生かしたいか等、 将来の夢や予定などを明確に記入することが大切です。
TOEFLテストやTOEICテスト、英語検定などを受けたことのある場合は、その証明書、日本で英会話スクールなどに通学されたことのある場合は、その学校からの推薦状も提出されるとよいでしょう。